防災用品は、便利な用品からあつめよう

防災用品は、便利な用品からあつめよう

日本は、大変地震が多く災害も頻繁に起こります。こういう災害等に備えるために、防災用品を準備をしておく必要があります。防災用品は、最近になって、会社や家庭でも用意するようになってきましたが、実際にどういうものが必要か確認することがとても大事になります。電気、ガス、水道などのライフプランが停止した場合は、必ず、水は必要になりますし、食料の備蓄もしておかないといけません。冬など寒い時には、毛布や寒さをしのげる物があったら便利です。このように、準備しておかなければいけない物は、いくつもあります。防災用品を用意しておく場合、普通は防災リュックなどに入れておきますので、入れられる物には限度があります。なので最低でも3日分の水と食料、懐中電灯や手袋、ヘルメットや簡易トイレがあったほうが便利です。もし、準備できるなら、避難時に、破片等を踏むと怪我をしますので、底の厚い運動靴があったら用意してください。すごく便利で助かります。

おすすめWEBサイト 5選

オーダースーツについて横浜で相談

最終更新日:2018/1/15