防災意識について

防災意識について

近年、多発する震災や災害時の防災対策の為に、自宅に震災対策を施したり、大雨や台風の災害時に備えて、土のう袋などの浸水対策を準備して、万一の時に備える方が増えています。この為、震災や災害に対する防災意識が非常に高まっています。しかし、自分や家族の安全を守る為に、自宅に震災対策や災害対策を行うのも、限界があります。震災対策の為に、家に補強工事を行ったり、地震に強い家に、新しく建て替えたり、震災対策を行うには、莫大な費用が掛かってしまい、日々の生活を圧迫させてしまいます。その為、防災対策を自分や家族だけで、行うのではなく、高い防災意識を地域コミュニティーと連帯させることが重要です。震災や災害は、人間の想像を超えて、襲って来ます。いつ襲ってくるかわからない、震災や災害時に、しっかりと安全を守る為には、日頃から、地域社会の方々とコミュニケーションをとり、防災対策の共通意識を地域コミュニティーで、事前に作ることが大切です。

防災用品・備えあれば憂いなし

普段は起こることがないからといって安心していたとしても、いつ何時どんな災害が起こるかはだれも予想できません。
日本は地震大国であるというような表現をされるほど、巨大地震も多く発生しますし、異常気象の増加で豪雨災害が起こることも少なくありません。
また、時期になれば毎年日本を台風が直撃しますし、自然災害以外にも火事のような災害が発生するリスクは常にあります。それらが起こってしまってからでは対策を取ることはできません。
なのであらかじめ対策を取っておき必要があります。その一つの例として挙げることができるのが、防災用品です。例えば、非難の時に使うヘルメットや災害時数日間食事に困らないですむようにするための非常食、災害の状況を正確に把握するためのラジオ、体調不良にも対応できる薬など、必要なものはとても多いです。これらの何が必要で、どのくらいあればよいのかということは、実際に災害に遭った時のことを想定して考える必要があります。
また、防災用品をおいておく場所も重要です。まずは、どこの置いてあるかを知っておくということが必要で、置いた場所がわからなければ必要なときに持ち出せなくなります。そして、何かあった時にすぐに持ち出せるところの置いておかなければ、おいておく意味がありません。そういった点を意識しておく場所を決める必要があります。
何かあった時に困らないためにも、あらかじめ防災用品を用意しておくことは必要です。


Valuable information



ノベルティのエコバッグを取り扱っています

ファンダイビングを和歌山で行う

真鶴で不動産を探す

Last update:2019/6/26